発電

ニュース

太陽光発電パネルを衣料品にリサイクルする事業を、福岡と台湾の企業が共同で開始

西日本新聞によりますと、廃棄処分される太陽光パネルを繊維にして、衣料品にリサイクルする取り組みが始まっています。これは福岡市のパネル検査機器メーカー「システム・ジェイディー」と台湾のリサイクル企業「光宇材料」、および現地商社が共同して行う事...
バイオマス

メタンとは 温室効果ガスであり、天然ガス資源でもある化合物について

メタンは炭素と水素が結びついてできる化合物です。炭素原子1個に、水素原子が4個くっついています。無色・無臭で、人に対する毒性はありません。メタンは温暖化を促進する温室効果ガスの一種で、排出量を抑える必要があります。しかしそれでいて、温暖化を...
地球温暖化

二酸化炭素(温室効果ガス)とは 排出量や部門別の割合など

二酸化炭素は炭素が酸化してできる物質で、化学式からCO2(シーオーツー)とも呼ばれます。石炭や石油など、化石燃料を燃やすと大量に発生します。このため、工業社会となっている現代では代表的な温室効果ガスであり、排出量を抑えることが求められていま...
ニュース

アメリカでは火力発電が高コストになり、太陽光や風力への移行が進み始める

アメリカは先進諸国の中では、再生可能エネルギーの導入が進んでいませんでしたが、2018年を契機として、状況が変化しつつあります。ミネソタ州で360万の顧客を抱えるエクセル・エナジー社は、2050年までに温室効果ガスの排出量を0にする計画を発...
発電

洋上風力発電とは メリットや課題について

洋上風力発電とは、主に海洋上で行われる風力発電のことです。海洋上の他、湖や港湾内にも風車が設置されることがあります。この分野をリードしているのは欧州で、デンマークやオランダ、イギリスなど、海に面している国々で普及しています。また、アジアでは...
ニュース

ドイツの再生可能エネルギーが電力の40%を賄う規模に

ドイツでは原発から再生可能エネルギーへの転換が進んでいますが、2018年に初めて再生可能エネルギーによる発電量が、電力の総消費量の40%を超えたことが明らかになりました。これはドイツのフラウンホーファー研究機構が発表した推計値によるもので...
ニュース

東京電力が原発1基に相当する洋上風力発電所の建設を計画

読売新聞によりますと、東京電力ホールディングスは洋上風力発電の建設を進め、原子力発電1基に相当する100万キロワットの発電を行うことを計画しています。この計画では、1兆円規模の事業費を投じ、5000キロワット級の風車を200基設置することに...
コスト

グリッドパリティとは 太陽光との関係や、達成の基準について

グリッドパリティは再生可能エネルギーを用いた発電のコストが、既存の火力発電などのコストと同等か、それ以下になることを示す電力用語です。この場合のグリッド(grid)は「電力供給網」のことを、パリティ(parity)は「等価」を意味します。既...
再生可能エネルギー

ペロブスカイト太陽電池とは 実用化や課題について

ペロブスカイト太陽電池は、ペロブスカイトという結晶構造の材料を用いた太陽電池です。プラスチックフィルムなどの下地に塗布してペロブスカイト膜を作り、それに光を当てると発電することができます。従来のシリコン系太陽電池は厚みがあり、曲げることがで...
バイオマス

バイオガス発電とは メリットと課題について

バイオガス発電は、微生物を使って家畜のふん尿や生ごみからメタンガスを発生させて採集し、それを用いて行う発電のことです。メタンは燃えやすい性質を持っていますので、燃料として活用することができます。生物資源を用いる、バイオマス発電の一種です。バ...