地球温暖化

地球温暖化

日本の温室効果ガス排出量データ

この記事では、日本の温室効果ガスの排出量に関するデータをまとめています。まず、2017年度の各温室効果ガスの排出量は、以下になります。2017年度の排出量温室効果ガスCO2換算排出量 ※(百万トン)割合二酸化炭素119192%メタン30.5...
地球温暖化

一酸化二窒素とは 温室効果ガスでもあり、麻酔でもある化合物

一酸化二窒素は、窒素と酸素で作られる化合物です。2つの窒素原子と1つの酸素原子で構成され、化学式はN2Oです。亜酸化窒素とも呼ばれます。温室効果ガスの一種で、二酸化炭素と比べると300倍近くの温室効果を持っています。大気中の寿命は121年で...
バイオマス

メタンとは 温室効果ガスであり、天然ガス資源でもある化合物について

メタンは炭素と水素が結びついてできる化合物です。炭素原子1個に、水素原子が4個くっついています。無色・無臭で、人に対する毒性はありません。メタンは温暖化を促進する温室効果ガスの一種で、排出量を抑える必要があります。しかしそれでいて、温暖化を...
地球温暖化

二酸化炭素(温室効果ガス)とは 排出量や部門別の割合など

二酸化炭素は炭素が酸化してできる物質で、化学式からCO2(シーオーツー)とも呼ばれます。石炭や石油など、化石燃料を燃やすと大量に発生します。このため、工業社会となっている現代では代表的な温室効果ガスであり、排出量を抑えることが求められていま...
地球温暖化

地球温暖化係数(GWP)とは

地球温暖化係数は、温室効果ガスにどれだけの温暖化能力があるかを示す指標です。英語ではGlobalWarmingPotentialで、GWPと略されます。二酸化炭素を1として基準にし、他の気体の影響力の大きさを知ることができます。例えばメタン...
地球温暖化

温室効果ガスとは 種類や排出量、削減への対策について

温室効果ガスは赤外線を吸収し、放出する性質を持つ気体のことです。具体的には二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロン類などがこれにあたります。工業など、各種の産業によって排出される温室効果ガスの割合は、以下になります。各種産業によって排出され...